42歳バツイチ女性とメッセージ交換をした話!ブライダルネット体験談

42歳バツイチ女性とメッセージ交換をした話!ブライダルネット体験談

42歳バツイチ女性とメッセージ交換をした話!ブライダルネット体験談

ブライダルネットを利用して、42歳バツイチ女性とメッセージ交換をした体験談を紹介します。私はブライダルネットを長期間利用したため、たくさんの体験談を持っています。今回はその中の一つ。当時私は36歳ですから、年齢差は6歳差。一般的にはあまりない年齢差かもしれませんが、ブライダルネットのような婚活サイトだと、逆年の差もありますので、それも含めてお読みください。

 

ブライダルネットで42歳バツイチ女性とメッセージ交換をすることになった経緯

42歳バツイチ女性
初めに、ブライダルネットを利用してこの女性と出会った経緯をご紹介します。
私は、基本的には年下希望にしていたのですが、
この女性はプロフィール写真がとても綺麗だったためあいさつを考えたのです。

 

女性側の条件は40歳代以上だったため、ダメ元での送信になりましたが、
すぐに返信を貰えたためそこからメッセージ交換がスタートしました。

 

ブライダルネットを含む婚活サイトでは、写真による印象がかなり重要になります。
また、私が思うに女性会員の多くは、
今現在の写真を掲載していない傾向があります。

 

あるいはかなり加工しているか。
それに、写真ですから実年齢よりも若く見えたり綺麗に見えることもあります。

 

そんなことから、ブライダルネットでは逆年の差恋愛も起こり得るわけです。
好きになってしまえば、実際に会った時に幻滅することも少ないでしょうし、
この写真のテクニックもありなのかもしれません。

 

もちろん、派手にやり過ぎるとドン引きされますから限度は大切ですが、
馬鹿正直になる必要はなさそうです。

 

バツイチに対する考え方

また、彼女はバツイチでしたが、これからブライダルネットを利用する方の中には、
同じようにバツイチの方もいますよね。

 

バツイチは、一般的にどう思われるのかについて少し触れたいと思います。
最も重要になるのは、バツイチになった理由でしょう。

 

つまり、どんな結婚生活をしてなぜ別れたか?
また、今現在元のパートナーとはどんな関係か?
これは、バツイチに対する共通の疑問です。

 

今回の場合、10年以上前に一度結婚を経験したが合わずに離婚し、
その後は連絡を取っていないとのことでした。

 

バツイチの方は、ほぼ聞かれますからしっかり説明できた方がいいです。
またポイントは『元のパートナーを悪く言わない』これになります。

 

ブライダルネット内でも、
女性は特に元パートナーを批判する傾向にありますが、
これは結局自分の評価を下げます。

 

ですから、バツイチの方はどんな理由でもそれは避けましょう。
『バツイチ』というだけでNGにする人もいますから、
自己評価を下げない努力は必要になってきます。

 

1.メッセージ交換 初日

では、体験談をスタートいたします。
この女性とはすぐに盛り上がり、10分おきくらいにやり取りしていました。

 

やり取りの内容は他愛ないものでしたが、途切れることなくテンポよく進みました。
特別質問なんてしなくても、冗談を言い合うとか、
大人の会話をしたりとかとにかく楽しい時間だったことを覚えています。

 

しかもこれは、初日の出来事です。
初日から親しくなって、少々エロい会話までしてしまう、
こんな女性は他にいなかったと思います。

 

しかも、エロいとはいっても下品なものではありませんし、そこがまた良かったです。
この女性、何がすごいのかなと分析しましたが、
人の懐に入るのが上手いのだと感じました。

 

私は割と警戒心が強い方ですが、
それでも冗談を言い合ったりが初日からできたのですから、
それなりに経験豊富でモテた人生の方だったんだろうと思っています。

 

それにやりとりも、私は終始敬語でしたが、女性は2通目からため口を交えるなど、
親近感を持たせることも抜群に上手かったですね。

 

このようにテンポよく進みながら、初日は『おやすみ』を言い合って終了しました。

 

2.2日目以降

メッセージ交換2日目です。
ちなみに、ブライダルネットのメッセージ交換は追加料金はかかりません。

 

月会費3000円の中で全てのサービスが利用できます。
初日は、私は仕事が休みだったためテンポよくできましたが、
2日目は仕事のためペースダウンです。

 

それでも、1時間に一回くらいはチェック&返信のペースでした。
彼女は仕事中も返信できたため、比較的早く返してくれます。

 

2日目になると、前日の楽しい雰囲気を維持しつつ、
ちょっと深い話をするようになりました。

 

とはいえ、まだ2日目なんですけどね(笑)
それでも、感覚的にはもう何日も語り合ったような気分でしたから、
この女性はやはり恋愛上手な方なんだと思います。

 

深い話とは、お互いの家族のことや仕事のこと、結婚観、それに年齢についてもです。
やはり、彼女は6歳年上であることを気にしていて、
これは初日の一番最初にも『年上でも大丈夫ですか?』と聞かれました。

 

もちろん『気にしません』と答えましたが、男性には気にする人の方が多いようです。
この二日目の時点で、『お互いの家に行きたい』とか、
遠方だったため『そっちに行ってもいい?』なんて冗談っぽく言われたりもしていました。

 

男としては、女性からこれを言われるのはかなり嬉しいので、
女性にはお勧めの方法です。

 

ちなみにブライダルネットでは、メッセージ交換二日目になると連絡先交換ができます。
ですから、『もう個人的な連絡先を教えあってもいいな』と思うのならば、
そちらに進んでもいいでしょう。

 

ちなみに私は、もう少し深く知ってからが良かったのでその時点ではしませんでしたが、
それは結果的に良かったのかもしれません。

 

というのも、彼女とは終始楽しくメッセージ交換できていたのですが、
どうしても『年下扱いされている』という印象を持ってしまい、
3日目に入ってからやりとりをお断りしたのです。

 

年上女性との交際経験もありましたし、
実際に子ども扱いされたこともあったので気にするほどでもないかとも感じたのですが、
結婚生活を送る上ではどうなのかということ、私が36歳だったこと、
これらから『違うな』と判断しました。

 

私が20歳代前半ならば全然受け入れていたのでしょうが、
さすがにこの年になって子ども扱いされるのは厳しかったわけです。

 

しかし、たった3日間でしたがとても良い出会いだったと感じています。
その3日間は本気で惚れ込んでいましたので体験談にしてみました。

 

3.ブライダルネットで婚活をするアラフォー女性へ

私の体験から、僭越ながらアドバイスをさせて頂きます。
結婚を考える男性は、相手の女性が年上でも自分がリードしたいのかなと感じています。

 

ですから、逆年の差結婚を求めるとしても尊敬する気持ちは必要かもしれません。
ブライダルネットは逆年の差恋愛もできる場所です。
積極的にあいさつを送ってみましょう。


ブライダルネット体験談を見てみる


 

 

2016年10月7日