40歳代以上の男性が恋愛で気を付けたいこと!求められる紳士的態度とは

40歳代以上の男性が恋愛で気を付けたいこと!求められる紳士的態度とは

40歳代以上の男性が恋愛で気を付けたいこと!求められる紳士的態度とは

40歳以上の男性が恋愛で気を付けたいこと!大人の男なら、恋愛ではとにかく紳士的な対応が求められます。『若い女性と交際をする』『同世代と付き合う』どんな状況でも紳士で大人であることが条件になりますが、それはどんなものか?NGな対応を例に挙げながら、40歳代以上の男性が恋愛で気を付けたいことを紹介します。

 

女の視点で考えること

40歳代以上の男性
恋愛をする際には異性の視点で考えることが重要です。
つまり、『自分は相手にとってどんな存在なのか?』と考えること、これが重要になります。

 

20歳代ならば若さがあっていいですが、
40歳代ならば『落ち着いた大人の男』と思われることが普通であり、
職場ではそれなりの仕事を任されるとか役職があり、
或いはそこそこの収入を得ていることが理想とされます。

 

何よりも、女性は好条件の男性と付き合いたいのですから、
40歳代で能力がない男だったら恋愛対象にはなりません。

 

例えば、『一流企業の部長職』とか、『経営者として成功している』
といったように肩書があること、これが当たり前だと思われます。

 

それなりの年齢なのにアルバイト生活だとその時点で魅力なしだと思われますから、
そういう部分も十分に考えておきましょう。

 

求められる紳士的態度とは

上記では、仕事や収入のように、
年齢的に考えて当たり前に備わっているべき要素について述べましたが、
恋愛で気を付けたいことは他にもあり、それが『紳士的な態度』です。

 

女性は紳士的な男性が好きですから、
それとはかけ離れた態度にならないように心がけましょう。
そのために大切なことは以下になります。


1.大人を自覚すること

40歳代の男性ならば、何よりも『自分は大人である』と自覚するべきです。
例えば、子供の頃に見た大人とはどんなものだったか?
理想の大人像とは何か?こういうものが少なからずあるのではないでしょうか?

 

一方で、現在の自分がそのイメージからかけ離れているのならば大問題で、
モテることもありません。

 

いい年をして若い世代と張り合い喧嘩腰になったり、
譲ることを知らない人間になっているようならば『この人との交際はない』と思われます。

 

重要なことは人間関係の勝ち負けではありません。
長期的に見て、その場をどう対処することが最も賢いかと考えることです。

 

短気な人ならば『譲ったら負けだ』『自分を通さないと負け』
という感情だけに拘りトラブルを起こすこともありますが、
これは、仲間内でやれば嫌われる行為です。

 

こういうことをする人間は『大人ではない』と捉えられNGになりますから、
40歳代になったのなら『紳士を心がける』これに拘ってみましょう。

 

2.いい年して子供みたい

人間関係の勝ち負けに拘っていなくても、
子供みたいな40歳代はNGになることが多いです。

 

例えば『急に変なことを言い出す』とか『落ち着きがない』といったように、
未だに自分が子供でいるかのように思っていて、
しかもそれを『周りが受け入れる』と思っている男性は完全にNGになります。

 

これに関しては下ネタが良い例です。
下ネタは、10歳代や20歳代前半くらいで語り合うからこそ盛り上がりますが、
それ以上の年齢になったら完全にNGワードです。

 

しかしながらダメな大人は、自分の欲求を最優先にして平気で下ネタを連発します。
しかもそれは、きわめてレベルの低いものが多いため周囲はドン引きします。

 

こんな40歳代になったらお終いですから注意しましょう。
40歳代は、恋愛できるかどうかが顕著に分かれます。

 

格好良い大人の男になっていれば十分にモテますが、
そうではない場合、極端に見苦しく関わりたくない存在である可能性が高いので、
高い志を持つべきです。

 

3.若いつもりでいる

『俺はまだ若い』と思い込み、40歳代でもその年齢を自覚していない男性もいますよね。
『同世代とは違う』『自分は特別』といったように考えてしまう人です。

 

しかし、40歳は40歳で、誰がどう見てもそれ以外の答えはありません。
むしろ、若いつもりでいることには大きな問題があり、
それが『子供っぽくなる』ということです。

 

精神年齢が幼ければ周囲に許容されると思い込みがちですから、
言動がおかしくなることも多々あります。

 

それにファッションも、
20歳代のような服装になるなど痛いおじさん化してしまう傾向があります。

 

改善策としては、精神年齢が若い人は『敢えて紳士っぽくなってみる』ということです。
落ち着けないのならば強引に落ち着いた自分を心がけるとか、
若いファッションが好きならばその逆を選ぶといったように捉え方を変えます。

 

こうすることで周囲に与える印象が良くなります。
自分が持つイメージと一般論は大きくかけ離れている場合がありますから、
年齢に対し違和感があるのならば対策しましょう。

 

ま と め

40歳代以上の男性に求められる紳士的態度とは、
1.大人を自覚すること
2.いい年して子供みたい
3.若いつもりでいる
以上を考えることで身につけることができます。

 

既に紳士ならば全く問題ありませんが、
『自分は何か違うな』と感じるのならば頑張って変わってみましょう。

 

その努力は必ず実ります。
今よりも良い方に改善されるわけですから、やってみる価値はあります。




 

 

2017年2月5日