一人の女に金をかけるのは間違い?賢い男がデートで心がける3つの行動

一人の女に金をかけるのは間違い?賢い男がデートで心がける3つの行動

一人の女に金をかけるのは間違い?賢い男がデートで心がける3つの行動

『一人の女に金をかける』これは大きな間違いです。賢い男性がデートをする際に心がけている3つの行動、これを学習してデート上手な男になりましょう。デートは、方法を間違えると高くつくだけでなく何も得られません。また女は、とにかく金を使わせようと必死です。ですからルールを作るのです。それに従いさえすれば損することはありません。

 

デートが下手な男は一人の女に拘る

デート
デートが下手な男性ほど一人の女に拘ります。
一人に時間と金をかけ、その女を落とすことばかりに気を取られてしまうものです。

 

これは『モテるモテない』に関係なく、デート技術の問題です。
つまり、それが人生初のデートでも、
十分に知識がありそれを実行できる男性ならばデート下手にはならないということ。

 

一方で、今までにたくさんの女性とデートしてきた男性でも、
それまでが比較的上手くいっていたのならば
たった一人の女に人生を狂わされる危険性だってあります。

 

デートにはこんなリスクもあります。
実際に、男性心理を利用した詐欺被害もありますから、
女とデートするのならば注意しなければなりません。

 

ですから、賢い男性がどんな風にデートしているのか?
どんな心がけを持って臨んでいるのか?それを学習しましょう。

 

繰り返しますが経験やモテるかどうかは無関係です。
知識と技術、ルールを崩さない信念次第です。

 

なにより、自分が決めたルールを崩さない強さは絶対に必要ですし、
この気持ちがあればデート上手になれます。
身につけられるように何度も繰り返し学習しましょう。

 

賢い男がデートで心がける3つの行動

1.回数と予算を決める

デート常時な賢い男性は、回数と予算を予め決めています。
つまり『この女は3回以内に落とす』とか『1万円以内』といったように、
綿密な計画を立てているのです。

 

デートする場合、金を出すのは男性になることが多いです。

 

ならば、『○円までは使おう』といったように計画しておくことは大切ですし、
『この女ならば○円まで』といったように、女に合わせて予算を設けることも大切です。

 

というのも、女によってかけるべき金額が変わってきますよね。
そこまで可愛くないのならばそもそも割り勘でいいはずです。

 

一方で、芸能人とデートできるのならば
店もそれなりになりますから10万円くらいの予算が必要でしょう。

 

このように相手に合わせて的確な条件を作ること、これが賢い男性のデートです。
これを決めておくことで無駄に時間と金を使わずに済みます。

 

女とデートする時に最も注意したいのが
『いつまで経っても何もない関係なのに奢り続ける』とこうなってしまうこと。

 

ダラダラとデートを重ねると単なる財布代わりにされることも多々あります。
ですからそれを避けるためにも、回数と予算を決めてその中で勝負に出ましょう。


2.期待に捉われない

回数と予算を決めた場合、
『次会えばやれるかもしれない』という期待がいつも付きまとうはずです。

 

例えば、『予算の1万円は今回で越えた。でも、次回会えば一線を越えるのではないか?』
という期待感、こんな状況もありますよね。

 

こうなると、『次が最後』と考えて誘ってしまう人もいるのではないでしょうか?
しかしこれはNGです。このタイプは、女に金をかけて大損する典型的な男性です。

 

女と関わる以上期待感はつきものです。
目の前の女が笑顔だったら『イケそう』と勝手に考えるのが男の本能です。

 

しかし女は、OKという意味で笑顔になっているのではありません。
ですから、勝手に期待するのは自滅するだけです。

 

だからこそ、回数と予算が重要で、
デート上手になるためには期待に捉われないことが重要です。

 

デートをする時に大切なことは『一線を越えること』ではありません。
『自分のルール通りに運べること』、これこそが重要です。

 

その中で手に入ったのならば勝利ですし、
ダメだったのならばそのゲームは負けとなります。

 

しかし、損失はできるだけ少なく済ませることがデートの鉄則ですから、
『回数と予算』『期待に捉われない』これは絶対に必要な条件です。

 

3.確実な損切りをする

『損失はできるだけ少なく』と上述しましたが、これは『損切をする』ということです。

 

損切とは、主に株式投資における用語で、
『株価が予想に反した動きをした時には少ない損失で売却する』ということです。

 

株式投資とデートは似ている部分があり、
投資でも『今はマイナスだけど、このまま持っていれば上がるかもしれない』
という期待があります。

 

もちろん時間をかけて上がることはありますが、一方で大暴落や倒産もあるわけです。
そのリスクを避けて少額の損失で売り抜けるのが損切りです。

 

これは女とデートする時にも同じで、『次会えばイケるかも』という期待がある時に、
『次会っても同じ状況になり、結果的には奢り続けることになるだけだろう』
と考得られることが重要というわけです。

 

3回目のデートで、
今までにかけた金額は1万円程度ならば損切額としては妥当なのでは?

 

このように、期待がある時こそ冷静な判断ができること、これが賢い男性ですから、
そんなデートを繰り返しましょう。

 

上記で得られるメリット

上記の法則にしたがうとどんなメリットがあるのか?
それは『たくさんの女性と関係が持てる』ということです。

 

デートは3回までと決め、一人の予算も少なく定めておけば回転率が高まります。
『この女とはここまで』と割り切ったらすぐに次の女性とデートするわけですし
同時進行も良いでしょう。

 

こうすれば、結果的にたくさんの女と関係が持てます。
そして中には、真剣に付き合いたい相手が見つかるかもしれません。

 

男は体の関係を持ってみないと分からない部分があるはずです。
そのためにも、とにかく数をこなすことに力を注いでみましょう。

ま と め

賢い男がデートで心がける3つの行動は、
1.回数と予算を決める
2.期待に捉われない
3.確実な損切りをする
となります。

 

一人の女に時間と金をかけることは馬鹿馬鹿しいです。
デートは考え方次第で効率的になりますし、
そうやって割り切れる男性が得をするように世の中はできています。

 

気持ちで関わることは考えずにすべてルールに従いましょう。
そうすれば、大きな失敗もなく人生を楽しめます。




 

 

2016年12月22日