看護師を辞めたいと思った時には『環境が合わない可能性も考えよう』

看護師を辞めたいと思った時には『環境が合わない可能性も考えよう』

看護師を辞めたいと思った時には『環境が合わない可能性も考えよう』

看護師の仕事を辞めたい人もいるのでは?大変な仕事ですから、就職したはいいものの『私には無理』『これ以上は続けられない』と他の職業を考える人もいるでしょう。確かに看護師は、辞めたいと思うほどハードな仕事です。ですが、せっかく取得した資格ですから辞めてしまうのはもったいないでしょう。今回は、看護師を辞めたいと思った時の重要な選択や未来の考え方についてご紹介します。

 

自分は無能だと思っていない?

看護師1
看護師を辞めたい人の中には『自分にこの仕事は向いていない』
『私には能力がなかった』と自信を無くしている人も多いです。

 

自分が無能だと思ってしまうことも分かりますが、本当にそうでしょうか?
もしかしたら、そう思えてしまうことには他の理由があるかもしれません。

 

人の能力は、必ずしも本人の力だけで決まるものではありませんから、
それを確認してみましょう。

 

1.病院が合わないだけかも

看護師も会社員と同じです。
従って、看護師を辞めたいと思ってしまうのは、
もしかしたら病院が合わないだけかもしれません。

 

何でも自分を責めてしまう性格の人もいますから、
もし自分がそうならば一度冷静になりましょう。

 

組織で働く以上、どうしても環境に左右されます。
これは適応力の問題ではありません。

 

前向きな性格の人でも、職場の士気が低かったらどうにもならなかったり、
それが原因で辞めたくなることは多々あります。

 

特に看護師さんは、病院という狭い世界で生きています。
さらに病院の中でも特定の人物としか関わらないでしょう。

 

そのためどうしても合わないことはありますから、
それが原因ならば『自分には能力がない』なんて思わずに、
他の病院に転職することも考えた方がいいです。

 

2.成長させてくれる上司はいる?

看護師である以上に、働く人間としてもっとも重要なことが
『成長させてくれる上司がいるか』ということ。

 

看護師を辞めたいと思う人の多くは、
素晴らしい上司に巡り合えていない可能性が高いです。

 

尊敬する上司が一人いれば辞めたいとは思わないものですから、
今の自分がとにかく辞めたいとか、看護師が向いていないと思うのならば、
そんな上司に巡り合えていないことが原因かもしれません。

 

ですからその際は、次のことに注意しましょう。
『自信を無くさない』『自分を責めない』ということ。

 

職場環境が良いと言えないのならば自分を責めないことです。
『成長できるかどうかは自分次第』とはよく言われますが、
組織の場合、どんな状況でもこれが正解とは言えない部分があります。

 

ですからこういう時こそ、自信を無くさず自分を保つこと、
『今は環境が良くないから淡々と続けよう』と考えること、
看護師を辞めたいと思ってしまう時にはこれが必要です。


3.看護師の仕事は環境で変わる

看護師の仕事は環境で大きく変わります。
一般的な事務の仕事と違うのは、現場経験がメインということ。

 

事務職の場合、やり方を調べれば何とか一人でもできますし、
多少失敗しても補える部分があります。

 

しかし看護師は、先ず失敗が許されませんよね。だから環境が重要なんです。
それに、看護師になってからの1年〜2年でその後が決まると言ってもいいですし、
そのためにはどんな環境で、どんな人に教えてもらえるかが大切になってきます。

 

ですから、辞めたいと思った時に、
その理由が看護師という仕事への不満ではなく、
環境や人間関係、病院の方針に対するものだったら早めに行動した方がいいです。

 

まだまだスキルを身に着けられるうちに新しい環境を見つけましょう。

 

辞めたいと思ったら早めに行動

看護師の仕事を辞めたいと思ったら、できるだけ早く行動しましょう。
仕事そのものを辞めてしまう前に、
違う病院で働いてみるなど環境を変えてみることが大切です。

 

悩んでいる時間はもったいないですし、
その時間が自分をダメにしてしまうこともありますから注意しましょう。

 

1.自信を無くす前に

『看護師を辞めたい』こう思っている時は自信を無くしやすい時です。
ですから、完全に自信を無くしてしまう前に別の病院に移るべきです。

 

自信がなくなると、そもそも働く意欲がなくなってしまいます。
それだと、
また働けるようになるまでにかなりの歳月を要しますからこれは絶対に避けるべきでしょう。

 

例えば、職場で完全に浮いているとか合わない上司がいるとか、
この状態だと自信を無くしやすくなります。

 

人間関係に問題があると『常に否定される』『自分を受け入れてもらえない』
とこの状態が続きますから、これでは当然自信がなくなります。

 

そういう状態ならば、病院に悪いとかそんなことは考えずに転職活動をするべきです。
自分が受け入れられる場所を見つけましょう。

 

2.精神がダメになる前に

合わない環境で働き続けると精神がダメになってしまうことも多々あります。
これは、自信がなくなる以上に重いですから、
看護師を辞めたいと思い始めたら、定期的に自己診断をすることです。

 

例えば『最近何をやっていても楽しいと感じない』
『趣味だったものにも興味がわかない』『友人と会いたいと思わなくなってきた』
など、こういうことがあるのならばかなり良くない状態です。

 

厄介なことに、精神がダメになると『そのダメになった状態が正しい』
と考えてしまいます。

 

例えば『今まで友人と会っていたのはただの付き合い』といったように、
過去の自分を否定して、現在こそが健全と考えてしまいます。

 

さらにこの状態だと、基本的にやる気が起きませんから転職も難しくなります。
ですから、まだ働ける状態のうちに、自分が出しているサインに気づきましょう。

 

基本的に職場は、無理をしてでも続けなければならない場所ではありません。
また、人員が足りないからと気を使うべき場所でもないです。

 

むしろ、そのために自分の人生を犠牲にすることの方が間違っています。
ですから、看護師を辞めたいと思い始めたら、自分の精神状態を随時チェックしましょう。

 

3.環境が変われば内面も変わる

一方で、環境が変われば内面も変化します。
毎日のように『看護師の仕事そのものを辞めたい』『もっと楽な仕事がしたい』
と思っていた人でも、別の病院や他の場所で看護師をしてみたら、
続けられる可能性は十分にあります。

 

これは内面の変化からくるものです。
そもそも、学校に通ってまで取得した看護師の資格です。

 

それを考えれば、その仕事を本質的に嫌いとは考え難いでしょう。
それでも辞めたいと思ってしまうのはやはり職場や人間関係の問題が大きいです。

 

ですから、看護師そのものを辞めてしまうのではなく、
取りあえずは働く場所を変えてみることが良いでしょう。

 

人は内面の状態で大きく変わります。
自分が気持ちよく働ける場所を確保すること、これは極めて重要なことです。

 

4.辞めることは逃げではない

辞めること、これは逃げではありません。
『一度就職した会社を辞める』『1年〜2年で辞める』
これを逃げのように思ってしまう人も多いでしょう。

 

しかしそんなことはありません。
むしろ、1年〜2年だからこそその決断をするのです。

 

それに、会社は一生いないといけない場所ではありませんし、
さらに言えば『一生面倒を見てくれる場所』でもありません。

 

例えば、いきなりクビを切られる可能性だってあるのですから、
『辞めることが逃げ』なんて言っている場合ではないでしょう。

 

辞めることは選択の一つです。
『ここは違うな』と思ったらすぐに辞めて、自分に合う職場を見つけるべきです。

 

アメリカ人は人生で5回〜6回転職すると言います。
日本のように雇用が安定していないことも関係しますが、
もちろん辞めることが逃げにはなっておらず、新しい選択ですよね。
この考え方が正しいですから、自分の人生を大切にしましょう。

 

5.円満退社を考えない

看護師を辞める時には、円満退社なんて考える必要はありません。
もちろんそれができるのならば理想ですが、人間関係が最悪ならば、
わざわざ円満に進めたり、
まして周りに気を使って辞めようなんて考える必要はありません。

 

一般的な退職マニュアルには『辞める時には会社に迷惑をかけないように』
『時期を考えて』と書いてあります。

 

例えば、年度末に合わせて辞めるとか、
お世話になった人や同僚などに一通り挨拶するなど、
これらを推奨していますが、これは『円満退社ができる人の場合』です。

 

しかし、看護師さんに限らずどんな仕事でも、必ずしも円満とは限りません。
中には『殆ど誰とも話していない』とかこんな人もいるはず。

 

これならば、直属の上司に退職願を提出すればそれでOKです。
『○日からは来ません』とだけ伝えておけばいいですから、
やり易いようにしましょう。

 

看護師を辞めるのはもったいない?

看護師資格を持っているのなら、
どの視点で捉えても看護師を辞めるのはもったいないです。

 

ですから、資格は必ず生かしましょう。
看護師の仕事もピンからキリまであります。
自分に合ったスタイルを見つけましょう。

 

1.仕事内容で選ぶのも一つ

仕事内容で選ぶことも一つの方法です。
忙しい病院が苦手ならば、個人経営の小さな病院を探してみるとかこれも良いでしょう。

 

収入はどうしても下がってしまいますが、
大病院よりも確実に仕事は楽ですし、ほぼ定時で上がれます。

 

一方で、スキルアップしていきたいのならば総合病院にするべきです。
これらはもちろん、看護師さんならば最初に考えることでしょうが、
忙しい日々の中で忘れてしまっている場合もあるはずです。

 

看護師の仕事を辞めてしまう前に、
自分が本当に求めているスタイルを考えてみましょう。

 

2.ブランクは大きい

一方で、資格があってもブランクがあると再就職も難しくなってきます。
ですから、せっかく看護師になったのならば、
やはり辞めずにやり続けることが理想です。

 

10年以上勤務して、一時的にお休みするのならば問題ないでしょう。
しかし、数年しか勤務していない看護師さんがその仕事から離れてしまった場合、
知識はほぼゼロになります。

 

これはとてももったいないことなのでは?
辞めたいと思った時こそ続ける方法を考えましょう。

 

3.経験が重視される仕事

資格職は経験を積んで初めて評価されます。
医師も、免許があっても経験がなかったら無いと同じですよね。

 

新人の先生よりもベテラン看護師の方が現場では強いように、
やはり経験を積んでいくことが重要です。

 

特に医療関係の資格はそれが顕著になりますから、
完全に辞めてしまうという選択は避けた方がいいかもしれません。
辞めることはいつでもできます。ですから、今は頑張ってみましょう。

 

ま と め

総合的に判断して、
看護師を辞めてしまうことはとてももったいないことが分かったのでは?

 

決して誰にでもできる仕事ではありません。つまり、あなたは選ばれた人です。
それに、あなたが看護師でいることによって救われる人もたくさんいるでしょう。

 

現状が困難でも、看護師という仕事は続けた方がいいかもしれません。
看護師をする中で喜びを見つけられること、
これができたらやりがいを感じられるかもしれませんね。




 

 

2016年7月31日