女性をデートに誘うタイミング!会話内容から脈を判断する方法

女性をデートに誘うタイミング!会話内容から脈を判断する方法

女性をデートに誘うタイミング!会話内容から脈を判断する方法

女性をデートに誘うタイミングについて紹介!『女性との接点はあるが、デートに誘うタイミングが分からない』こんな人も多いでしょう。誘うことに勇気がいることは分かりますが、実は、タイミングが分かればそれほど難しいことではありません。また、万が一断られてしまった時の対応も準備しておくことでさらに心強くなります。デートに誘うタイミングと断られた時の対応を紹介します。

 

女も誘ってほしい?

女性をデートに誘うタイミング
女性も『この人デートに誘ってくれないかな』と思っていることが実は多いのです。

 

男と女が関わったら食事くらいしても不思議ではありませんし、
相手を異性と捉えて『もう少し深く知りたい』と思うことだって当然あります。

 

そのための手段がデートですから誘ってほしい女性は多いです。

 

一方で、女性も誘うことには勇気がいて、
自分からは言い出せないと戸惑っていることも多々あります。

 

だからこそ、男性が誘う必要があるわけですが問題はそのタイミングですよね。
タイミングに関しては、自分で作るものだと考えておくといいです。

 

そうすることで会話を運びやすくなります。
以下ではタイミングづくりを紹介しています。参考にしてください。

 

女性をデートに誘うタイミング

1.誘うタイミングは自分で作る

デートに誘うタイミングは自分で作る必要がありますが、
具体的には以下3つの方法が考えられます。

 

デートに誘えるかどうかは会話にかかっています。
会話が楽しければ発展率も高まります。

 

一方で、自分だけが楽しんでいる場合
『誘ってみたら断られた』ということが多々あります。

 

女は、本心はつまらなくてもその場では楽しそうに話しますから、
『女を楽しませる』これを基準に考えてみましょう。

 

・食事の話をする

女性は全般的に食べ物の話が好きです。
ですから、会話の中で美味しいお店や料理の話を混ぜていくと盛り上がります。

 

またそうすることで『今度行ってみたい』とか『一緒に行く?』といったように
誘えるタイミングが生まれます。

 

このように、食事の話は誘うタイミングとしては
王道ですから使えるようにしておきましょう。

 

とはいえ、誘う気満々でその話をすると下心が伝わってしまい失敗しますから、
初めは会話を楽しむという純粋な気持ちでしてみるのがいいでしょう。

 

その中で、女性が過剰に反応するものがあったら
思い切って誘ってみるのもいいかもしれません。

 

或いは、『いいな』とか『一緒に行く人いないしな』
といったように分かりやすく誘ってほしいアピールをしてきたのならば、
それは誘うタイミングとみていいはずです。

 

女性自身、この話題が出たらいずれ誘われるだろうと考えている人もいますから、
積極的に使ってみましょう。


・女性が興味を持っていることを話題にする

これも重要なことの一つですが、
女性が興味を持っていることを話題の中心にすることです。

 

デートに誘って失敗する男は『自分に興味対象で会話をする』とこんな傾向があります。
例えば体を鍛えている男性ならば『昨日はジムに行ってきた』とかこんなケースです。

 

これでは聞き手はつまらない一方で、
話し手はたくさん話せて満足するため『イケる』と誤解するのです。

 

ですからデートに誘うタイミングが知りたいのなら、この女性が何に興味を持っているか、
これを考えるようにしましょう。

 

興味があることならば盛り上がりますし、この人は気が合うとも思われます。
そうなれば、その話題の延長で『今度食事でも行こうか?』
となりますし女性もOKしやすくなってきます。

 

例えば釣りが好きならば、『今度一緒に行こう』という話になりますよね。
デートとはこんなきっかけからスタートします。作ってみましょう。

 

・とにかく話を聞く

『その女性とは共通点がない』『相手の興味が分からない・どうしても関心が持てない』
こんなこともあるはずです。

 

女性っぽい趣味しかしない人や趣味がない女ならば合わせることなんてできません。
ですからそういう相手の時には『とにかく聞く』これに徹することです。

 

ここで、自分の話ばかりを聞かせたら相手はつまらなくなります。

 

特に、自分が話したい女だったら『何この人?』と思います。
それに、基本的に女性は自分が話したいのです。

 

従って、上手く聞き手になれる男こそが持てますしデートに誘うタイミングも作れます。
ポイントは、大げさに反応することです。

 

例えば、『昨日女子会だったよ』とどうでもいいことを言われても、
『え!そうなの!』から始めて、『どうだった?』と内容を聞いていくわけです。

 

そうすれば女は気持ちよく話せますし、
『この人は一緒にいると楽しい』と思えるわけです。

 

女は、男以上に自分に興味を持ってほしく更に構ってほしいのです。
それに応えられる男がデートに誘えますから、そうなってみましょう。

 

2.断られた時のベストな対応

『デートに誘ったが断られてしまった』こんな時にはどうすることが良いのか?
これも重要ですよね。

 

特に、その後もまだ会う関係ならば気まずくなりたくないですから
しっかりケアしておきましょう。

 

ベストな対応は『OKです。
全然気にしないでください』と一言言っておくことです。

 

こうすることで相手は気が楽になります。
これは、自分の立場に置き換えて考えてみるととても分かりやすいです。

 

デートに誘われて『すいません』と断ったら、
『全然、気にしないで』と言われたら楽ですよね。

 

そこで、『なんでダメなの?』『ちょっとくらいいいじゃん』
と言うようにしつこくされたら困ったり不愉快なはずです。

 

当然女性も同じですから、断れてしまったのならばちゃんとケアしておきましょう。
断るって勇気がいることです。それに、断った人が悪いわけではありません。

 

こちらが一方的に誘ったのですから、その結果ダメだったのならば、
そのせいで関係が壊れないようにすることが紳士的な対応です。

 

ま と め

女性をデートに誘うタイミングは自分から作ることが大切で、
・食事の話をする
・女性が興味を持っていることを話題にする
・とにかく話を聞く
といったことがあります。

 

また、断られた時には紳士的に対応しましょう。
それに、その後も今まで通りに関わることでまたチャンスがあるかもしれません。
そのためにも、好印象にしておくことはとても大切です。




 

 

2016年12月7日