誘ってほしい女性心理!自分から誘わないのはなぜ?そこに隠された3つの理由

誘ってほしい女性心理!自分から誘わないのはなぜ?そこに隠された3つの理由

誘ってほしい女性心理!自分から誘わないのはなぜ?そこに隠された3つの理由

男性から誘ってほしい女性心理とは?『自分からは誘わず、男性に誘ってもらえるように仕向ける』こんな女性もいますよね。実際にはデートしたいのにはっきり言わず『○○のお店が美味しいらしい』といったように、男に『一緒に行こう』と言わせたがる女性もいますよね。その心理は何なのか?そこに隠された3つの理由を紹介します。

 

誘ってほしい心理とは


誘ってほしい女性心理
女が誘ってほしい心理は主に以下3つになります。
『この女性はなぜ誘えないのか?』これが分かると性格も見えてきます。

 

誘ってほしい理由も女性によりけりですから、そこから多くの情報を掴んでみましょう。

 

隠された3つの理由

1.勇気がなくて誘えない

誘えない理由として代表的なものが『勇気がなくて誘えない』というものです。
女は、『一緒に食事に行こう』と声をかけることよりも、
それに対する返答を恐れています。

 

『断られたらどうしよう』という気持ちがあるからこそ
誘ってほしいという心理になるのです。

 

その証拠に、どんなに誘えない女でも、
『この人は断らない』という確証がある場合にはなんなく誘ってきます。

 

例えば親友のような関係性、
これならば『飲みに行こう』とか『遊びに行こうよ』と当たり前のように言ってきますが、
これは『この人は断らない』、或いは『断るとしても私を傷つける言い方はしない』
と分かっているからです。

 

しかしながら、これから恋愛関係になるかもしれない男女では
そこまでの自信を得ることは難しいため、その結果男が誘うように仕向けるのです。

 

このタイプの女性は控えめな人が多いです。
『誘うことはできないがいつも近くにいる』とこんな女性。

 

こういう人ならば、本当に気になる男性にしかサインを出しませんから、
応えてみるのもありかもしれません。


2.自分が誘うのは惨めだから

女性によっては、自分から誘うのは惨めだと考える人もいます。
『私は黙っていてもデートに誘われるほど価値が高い女』
このように思いたいからこそ誘ってほしいと考えるのです。

 

従ってこのような女性が出すサインは『誘ってほしい』ではなく『誘っていい』です。

 

控えめな女性ならば『誘ってほしいな』という気持ちからアピールしますが、
私は価値が高い女と思っている場合、
『あなたなら誘っていいわよ』と上から見ていることが多いです。

 

そのため言い方に棘があったり癖があることが多いです。
例えば、誘ってほしいわりに挑発的な言い方をする、
これはこのタイプの典型的なパターンです。

 

誘ってほしいと本気で思っているのならば必ず下手になります。

 

しかしそれがなく、
嫌な言い方だったり違和感があるようならば基本思考が上からですから、
もしかしたら誘わない方がいい女性です。

 

3.男が誘うものだと思っている

『デートは男が誘うものだと思っている』こんな女性もいます。
『家事は女がやるものだ』このように考える男性もいますよね。

 

これと似たようなタイプで、『どんな状況でもデートに誘うのは男なんだから、
なんで誘ってこないの?』と考える女性もいるわけです。

 

こういう女性は自分から誘うことはありませんし、誘ってほしいアピールもあまりしません。

 

2の『自分が誘うのは惨めだから』と少し似た部分がありますが、
違うのは『女からも誘う可能性がある』という考えを1ミリも持っていないことです。

 

そのためこのような女性と関わると、かなり特殊な雰囲気を感じるはずです。
誘ってほしいアピールをしてこない一方『なんで誘ってこないの?』
と女性は思っていますから?み合わない部分も出てきます。

 

最も厄介なのは、何を考えているのかが分からないこと。
付き合ったら大変なタイプですからしっかり見抜けるようにしましょう。

 

誘ってほしい女は非常に多い

自分からは誘えずに誘ってほしい女、これは非常に多いです。

 

そのため男性は、次の3つを注意した方がいいです。
『サインに気づかず損をする』『鈍感だと噂される』『誘って勘違いされる』

 

女性が誘ってほしいサインを出していても気づけない男性も多いでしょう。
こうなると、その女性に好意を持っていた場合にはとてももったいないです。

 

絶好のチャンスだったわけですし、
誘われなかった女性も『私には興味がないらしい…』と落胆します。

 

一方で本当に興味がなかったら気づいても誘いませんよね。
そうなると『あの男は鈍感』と噂されることがあります。

 

女性によっては『○○さんって鈍感?』とストレートに言ってきます。

 

こういうのは非常に面倒くさいですがこんな女もいます。
この場合、『鈍感じゃないよ。気になる子には積極的』くらいに言っておきましょう。

 

最後に、最もみっともないのはそれが単なる勘違いだった場合。

 

女性の『○○のお店がおいしいらしいよ』といったことを『誘えサインだ』と勘違いし、
『今度一緒に行こうよ』と誘ったら、『そういう意味じゃないんだけど…』
と困られてしまう、これは苦しいです。

 

このように、女性の誘ってほしい願望は男も大きく関係しますから、
その女性と今までどんな風に過ごしてきたかから判断しましょう。

 

ま と め

誘ってほしい理由は、
1.勇気がなくて誘えない
2.自分が誘うのは惨めだから
3.男が誘うものだと思っている
となり、

 

『誘ってほしい女性は非常に多いこと』がお分かり頂けたかと思います。
誘うタイミングが分からない男性も多いのではないでしょうか?

 

しかしながら、慎重に女性の言葉に耳を傾けていると意外と多いものです。

 

タイミングが分からない男性は、
自分が話すことで一杯になっている可能性もあります。
聞くことに努め、誘ってほしい女心を大切に扱いましょう。




 

 

2016年12月4日