彼氏と初めての夜を過ごす時に注意したいこと!それで終わりにならないための5条件

彼氏と初めての夜を過ごす時に注意したいこと!それで終わりにならないための5条件

彼氏と初めての夜を過ごす時に注意したいこと!それで終わりにならないための5条件

彼氏と初めての夜を過ごす時に注意したいこと!『交際後初めてのお泊り』『この彼氏とは初めて』という時には、対応次第でその後の関係も変わってきますから十分に考えるべきです。最悪の場合、その1回で彼氏の気持ちが覚めてしまうこともありますから、そうならないためにも、終わりにならないための5つの条件をマスターしておきましょう。

 

始めてする時の注意点

彼氏と初めての夜
その彼氏と初めてする時には、男性がどんな気持ちでいるかに気を配るべきです。

 

女性ならば自分のことで一杯になっているかもしれませんが、
それだと結果的に好きになってもらえない可能性もあります。

 

男性はこの時点では、自分の気持ちがはっきりしていないことの方が多いのです。

 

というのも男は、体の関係を持ってみて初めて『俺はこの子を本気で好きなんだ』とか
『違った』と気づきますからそれを理解しておきましょう。

 

一方で、惚れさせるのは技術の問題です。

 

彼氏があらゆる部分で満足すれば必ず惚れこみ
『この女で間違いない』と確信しますから、初めての夜を過ごす時には、
自分のことよりもそれに集中した方が良いです。

 

5つの条件

1.積極的になり過ぎない

女性は恥じらいを持っていた方がいいですし、男性もその方が喜びます。
ですから、彼氏と初めての夜を過ごす時にはそこを心がけましょう。

 

経験豊富な女性ならば十分に心得ているでしょうから問題ありません。

 

しかし、2人〜3人は知っているという女性だと、
男性の煮え切らない態度にイラついて強引になったり、
あるいは極端に誘惑することもありますが、
これをされるとドン引きしたり遊びになる男性も少なくありません。

 

一方で恥じらいを持っていたら、男の方が積極的になります。
それにその方が、あまり男を知らなそうに見えるでしょう。

 

そういう女性の方が確実に印象が良いので、
彼氏と初めての夜を過ごすのならばこれは絶対に心がけた方がいいです。

 

2.軽く拒むことも必要

手に入れたい願望はどんな男にもありますが、
その一方で軽く拒んでくれた方が盛り上がるのです。
ですから、そんな技術も身につけましょう。

 

自分から進んで脱いでしまうような女では色気がありませんからそれはせず、
『抵抗しつつも最終的にはされるがまま』とこんな風にすると良いです。

 

また拒む時のポイントは『嫌とかやめてという単語は使わないこと』、
これは完全な拒絶ですからやる気がなくなってしまいます。

 

有効なのは『ダメ』『ダメだよ』というものです。
これならば、軽い拒否程度ですし、そう言いながらも受け入れれば彼氏も喜びますから、
こんな風に盛り上がってみましょう。

 

3.あまり楽しもうとしない

それなりに経験があれば女性も自分が楽しむ術を知っていますよね。
ですが、彼氏と初めての夜ならばそれは避けておいた方が無難です。

 

日本の男性は清楚な女性を求めます。
そのため、初めての夜から楽しんでしまう女だと好きにはならず、
やはり体だけの関係になってしまうことが多いのです。

 

一方で、楽しんでくれる女は魅力的な面もあります。
ですから、その相手を遊びと割り切るのならばそれで全然いいでしょう。

 

しかし、彼氏ならば徐々に本領発揮した方が好印象ですから、
最初は彼氏の好きなようにさせてあげて、十分な満足を与えましょう。


4.好きオーラを出し過ぎない

初めての夜を過ごした時には終わった後の対応も重要で、
その時に『好きオーラを出し過ぎないこと』これがポイントになります。

 

女性によっては『結ばれた結果好きが止まらない』
という状態になってべったりする人もいますよね。

 

これが悪いわけではありません。
しかしこれは、体も気持ちも手に入った状態です。

 

そうなると、完全燃焼して冷めてしまう彼氏もいますからそこは注意したいところです。

 

それに先ほども書いたように、
彼氏が本気で好きになるかはこの瞬間にかかっています。

 

ですから、好きオーラを出し過ぎて自分が追いかける
状態にするのは得策ではありません。

 

従って終わった後も敢えてべったりはせずクールに過ごしましょう。
添い寝するよりも、一人ソファに腰かけリラックスしている方が
彼氏は不完全燃焼になるためまたしたくなります。

 

この『またしたい』という気持ちが好きに変わりますから、
初めての夜には工夫してみましょう。

 

5.良かったと認める

『終わった後はクールに過ごす』、これが初めての夜では鉄則と書きましたが、
その一方で『しっかり相手を認めること』これも重要です。

 

というのも、クールでいると『ダメだった』『つまらなかった』
と誤解を与える可能性があり、
そうなれば彼氏は大きく自信を失い去って行ってしまいます。

 

それでは全く意味がありませんから、言葉では『良かった』と認め自信を与えるのです。

 

こうすることで彼氏は『体は手に入ったが気持ちは手に入らない』
というジレンマに襲われ追いかけてきます。

 

彼氏としても『良かったならばどうしてべったりしてこないんだ?』
という疑問がありますから、次のテーマがそこになるわけです。

 

このように、初めての夜では『いかに追いかけさせるか』が重要になります。

 

女性は、『彼氏は私のこと好きだろうか?』と不安になったり、
『本当に信じていいのか?』と疑いながら関係を持ちますが、
こういうのは技術で解決できる部分が多いので、
せっかくできた彼氏ならば自分にのめり込ませるように誘導してみましょう。

 

ま と め

彼氏と初めての夜を過ごす時に注意したいことは、
1.積極的になり過ぎない
2.軽く拒むことも必要
3.あまり楽しもうとしない
4.好きオーラを出し過ぎない
5.良かったと認める
となります。

 

男が手に入れたいのは体だけではありません。気持ちも手に入れたいのです。
これは遊びでも体目当てでも同じです。

 

ですから、それが手に入らなかった時には混乱する人が多いです。
従って女性は、惚れさせたいのならばそのための行動をすれば良いわけです。

 

恋愛は惚れた方の負けとはこのこと。
彼氏との初めての夜でも舞い上がらず、入念な計画を立て確実に実行しましょう。




 

 

2016年12月1日