年上好き男子が増えている?勝ち組女になるための選び方と男子の特徴

年上好き男子が増えている?勝ち組女になるための選び方と男子の特徴

年上好き男子が増えている?勝ち組女になるための選び方と男子の特徴

年上好き男子が増えている?こんな噂もありますよね。実際に、年上の女性と交際や結婚する男性も多いですから、もしかしたら本当なのかもしれません。女性にとって、自分よりも若い男と付き合うことは大きな勝利宣言になるのでは?一方で、年上好き男子と付き合える女性には特徴がありますから、それを身に着けることが要となります。男子の特徴と求められる女性像を紹介致します!

 

年上好きの男は本当にいる?

年上好き男子
そもそも、年上好きの男なんて本当にいるのかがまず疑問になるはずです。
男は一般的に若い女性が好きですから、年上好きって本能に反する行為です。

 

また、好きになった女性がたまたま年上だった場合、これは年上好きとは違います。
年上好きとは『若い女の子を選べる環境にいながらも敢えて年上を選ぶ』こんな男性です。

 

ですから、本当にそれがいるのかについてはしっかり見極めた方がよさそうです。

 

年上好き男子の特徴とは

年上を好きになる男性は、きっかけを持っている場合が多いです。
そのため、年上好き男子も実際に存在します。

 

きっかけがあってそこからずっと年上を求めるようになった、
これは十分に考えられますから、その特徴を理解してみましょう。

 

1.親の愛情を求めている

親の愛情を求めているタイプの男性は、年上女性に惹かれる傾向があります。

 

幼少期に満足に愛情を注がれずに育ってしまった場合、
満たされなかった欲求を他人で埋めようとしますし、最も身近な存在である恋人は、
恋愛対象ではなく欲求を埋める存在になりやすいのです。

 

これができるのは若い女ではなく、年上の女性ですよね。
男性もそれは分かっていますし、甘えるのならば年上の方が良いとも考えるのです。

 

特徴としては、人とどこかが違う、いつも一人でいるような男性です。
一般的な家庭で育ったのならば社交性も当たり前に身に付きますが、
それがないのならばどこかに問題がありますから狙い目と考えられるでしょう。

 

2.年齢が若い

単純に年齢が若い、これも年上好き男子の特徴です。
男には、年上のお姉さんに憧れる年齢があり、それが二十歳前後です。

 

このくらいの年齢は総じて狙い目になります。
例えば高校生が教育実習の女子大生に惹かれたり、
社会人一年目が先輩女性を好きになるなどはよくあります。

 

ですから、若い男性と交際したいのならばそのくらいの
男性と出会えるように工夫してみましょう。

 

この年齢の男性はまだまだ結婚なんて考えずに遊びたい時です。
そのため、ある程度年齢差があっても楽しめるのならばOKと考えます。

 

女性はいつでも真剣交際を望むでしょうが、
一先ずは楽しむつもりで近寄らないとさすがに手に入りませんから、
それを心がけましょう。

 

3.綺麗な人が好き

綺麗な人が好きだから年上が良い、こんな男性もいます。
外見的に大人の魅力がある人に惹かれやすいタイプで、こういう男子の場合、
同世代は子供にしか見えないとかこの傾向もあるため年上好きになりやすいのです。

 

それに、外見の印象には性格も関係してきます。
美人でも性格が子供だと幼く見えてきますから、それもあって年上好きになります。

 

男性にとって、数歳上の女性は程よく綺麗なお姉さんに見えることが多いのです。
そのため、普段同世代には幼く扱われていても、
年下男子と関わった場合にはまた変わってくることもありますから、
外見が綺麗ならば自信を持っていいでしょう。

 

4.年下女で苦労した

過去に年下の女性と交際をして散々な目に遭ったため、
それ以降年下がNGになっている男性、こんな人も年上好き男子の傾向があります。

 

『年上ならばダメな面はないだろう』と期待していますし、
過去の恋愛の反省点を『相手が年下だったから』『子どもだったから』
と処理しているため、次に選ぶ女性は大人が良いと考えるわけです。

 

従って、男性と出会った際には過去の恋愛を聞き出せると良いかもしれません。
そうすることで、自分が対象になれるかを確かめることができます。

 

年齢差がある場合、そもそも恋愛として見られているかが問題になりますから、
事前に確認することも怠らないようにしましょう。

 

5.養ってほしい

『自分には経済力がない』『ずっと働き続けるのは嫌だ』『そもそも収入がない』
こんな男性は、
年上の女性に養ってもらう目的で年上好き男子になっている可能性もあります。

 

高収入の男性に支えてもらう女の逆バージョンですね。
今の時代、自分の脚では立てないからサポートしてくれる人を探す男性も増えていますので、
それでもいいと思うのならば付き合ってみましょう。

 

女性はこの交際に抵抗を感じるかもしれませんが、
男女が逆になっただけですから自信を持ちましょう。

 

『女は男に支えられてこそ幸せ』という時代はもう終わりました。
自分に能力があるのならば若いイケメンと付き合うことだって可能なんですから、
そんな生活を手に入れてみるのもアリでしょう。


年上好き男子と付き合うには

では、実際に年上好き男子と付き合うにはどんな女性になればいいのか?
出会いの機会は、職場・婚活サイト・パーティー・習い事といったように、
行動すればいくらでも作ることができます。

 

しかしながら、若い男性と出会えても女と見てもらえるかが問題ですから、
恋愛対象になるための努力は欠かさないようにしましょう。

 

1.とにかく綺麗になる

年上好き男子はとにかく綺麗な女性が好きです。
ですから、外見を綺麗にしていることは絶対条件です。

 

統計的に『可愛い系よりも美人系』これを求めるのが年上好き男子です。
それに、可愛い系のルックスが好きならば年下を選んだ方がマッチしますから、
敢えて年上を選ぶ男性は美人好きと考えられるでしょう。

 

男性が描くイメージは『スラッとした美人』となります。
ですから、それに少しでも近づけるようにとにかく体型を管理し、
また綺麗になるように心がけましょう。

 

ジムで体を鍛えることは必須ですし、日々の努力が実を結びます。
誰が見ても『綺麗なお姉さん』と思うような外見を手に入れるようにしましょう。

 

2.大人の印象を身に着ける

印象的に大人っぽくなること、これも大切です。
外見がどんなに大人っぽくても中身が子供だったら男性は幻滅しますから、
年上好き男子の好みには当てはまりません。

 

年上好き男子はどこかで頼りたいと思っています。
そのため女性側がネチネチしていたり、
すぐに不安になるようなタイプだったら続くことはないのです。

 

男性以上にしっかりしていることや、堂々としていることも重要です。
そもそも、男性の本能で考えれば年上女性を選ぶなんてあり得ないことです。

 

それでも求めるのはどこかに欠陥があるとも考えられます。
それを埋める役割が女性にはありますから、しっかりすることは絶対条件です。

 

3.生活力がある

一定の生活力があること、年上好き男子はこれを求める傾向があります。
女性が年上の場合『俺が養ってやる』でもないのです。

 

むしろ、『年上なのに男に頼るの?』という印象を持つことの方が多いため、
やはり生活力は必要です。

 

先ほども書いたように、年上女性にはしっかりしていてほしいのです。
年下にはないそのしっかりした部分に惹かれますから、
経済力や生活力は必須です。

 

ですから、基本的には男に頼ることは考えない方がいいです。
これは経済面はもちろん、精神面でもです。

 

むしろ、自分が支えるくらいのつもりでいた方が彼氏が年下ならば上手くいきます。
従って、出会った段階から何となく頼りになりそうな
お姉さんでいた方が恋愛に発展しやすいので、それを演じてみましょう。

 

4.我慢強くなる

年上好き男子と付き合うのなら、とにかく我慢強くなることです。
というのも、このタイプの男性はとにかくわがままですし、
わがままができるから年上女性を選んでいることもあります。

 

従って、『男性がわがままなんてあり得ない』
という女性は年上好き男子は向きませんので普通に年上の男性を選びましょう。

 

あるデータによると、
年下と結婚した女性は年上を選んだ女性よりも長生きしないそうです。

 

それだけストレスが多いということ。
若いイケメンと交際することは勝ち組かもしれませんが、
長期的に見ればリスクがあることです。

 

ですから、それだけ我慢強くなることや、包容力が必要だと考えられます。

 

5.聞き上手になる

年下男性と出会ったら、とにかく聞き上手になりましょう。
男性は聞いてくれる女性を求める傾向があります。

 

しかしながら、たいていの女性は自分が話すことに必死になりますし、
男も仕方なくそれを聞くわけです。

 

これから考えると、聞き上手の女はかなり需要があります。
例えば、自分のことばかりペラペラ話す若い女の子と、
なんでも笑顔で聞いてくれる年上女性だったら
『年上の方がいい』と考える男性も多いです。

 

それに、男女では価値観や拘ることも違うため、
男にとっては女性の話はほぼ興味がないのです。

 

ですから、『聞ける』というのはかなりの武器になります。
年上好き男子を落としたいのならば絶対に必要なテクニックですから、
聞き上手になりましょう。

 

年下の男と結婚したいのなら

年上好き男子と交際することができても、そのまま結婚できるとは限りませんよね。
むしろ、最大の難関はここになるはずです。

 

男は交際までは軽く考えますが、結婚となるとかなり慎重になります。
それに『結婚するなら若い女の方がいい』これが一般論です。

 

若い女で苦労した男性でも、
年上と付き合ったことで『やっぱり若い子』と思っている可能性もありますから、
そういう状況でも選ばれるように、結婚したい女になりましょう。

 

1.年齢のことは言わない

まずいえることは、『年齢のことは言わない』ということです。
彼氏が年下だと年齢を気にする女性も多いでしょう。

 

むしろ、ほとんどの女性が気にしてしまうのでは?
特に結婚を考える時期になると『私を選んでくれるのか?』とか
『私は年上だから』と複雑になりますよね。

 

しかし、これは考えない方がいいですし、当然相手にも言わない方がいいです。
男はネガティブな発想や発言を嫌いますから、これは基本的にNGです。

 

それに、結婚できないとしたらそれは年齢の問題ではありません。
『年齢のことについてネチネチ言ってしまったこと』が問題です。

 

彼女が若くても『結婚はないな』と感じることも多々ありますし、
年上でも『このまま結婚したい』と思うことも普通にあります。
ですから、今付き合っているのならばそれに自信を持った方がいいです。

 

2.彼氏を尊敬する

年上女性にありがちなのが『彼氏を子供扱いする』ということ。
年上好き男子の多くは彼女に頼りたいと思っていますから、
子供扱いになってしまうことも分かります。

 

しかし、それが通用するのは交際までです。
男心は複雑で、どんな関係性になっていても尊敬されたい気持ちはあるため、
結婚を考えるのならばそこは上手くやる必要があります。

 

ですから、子供扱いなんてしたら確実に結婚はないです。
例えば、子供のように甘えてくる彼氏でも、
『○○君のおかげで私は幸せだよ』とか『○○君はやっぱりすごいね』
といったように持ち上げた方がいいです。

 

『こんなことも知らないの』と笑ったりバカにする女性もいますが、
これだと最終的に体だけや金目当てになりますから、
真剣に付き合いたいのならば相手が何者でも尊敬しましょう。

 

3.結婚したい意思を伝える

『結婚したい意思を伝える』これも必要なことです。
ただし、方法次第では重い女になりますからやり方は考えましょう。

 

男は基本的に結婚の話を嫌います。
特に若い男性ならばそんなもの現実的ではありませんから、
話に出されるだけで不機嫌になるでしょう。

 

ですから、『私は結婚したい』とか『どのくらい考えている?』といったように、
相手に求める発言は避けるべきです。

 

年の差恋愛に限らずこれをするカップルは破局する傾向にありますから、
『将来はこんな家庭を持つのが夢なの』とか
『いつか家族でここに行ってみたい』といったように、
自分の夢を語る程度がいいです。

 

またポイントは、『夢を語った時にも彼氏には結婚について聞かないこと』です。
『私はこうだけどあなたは?』と質問する人も多いですが、
これは結局意図が読まれるため相手を不快にします。

 

ここでの目的は『私は結婚したい女』と伝えるだけで、
相手の気持ちを探ることではありません。
ですから、結婚の話をしたい衝動は抑えて夢を語るにとどめましょう。

 

ま と め

年上好き男子は実在します。
付き合うためには『年上好き男子を見極めること』『相応しい女になること』であり、
結婚したいのならば男性として見ることが重要になってきます。

 

年上女性にしかない魅力、これに惹かれる男性も多いですから、
その部分を磨いて勝ち組の女になりましょう。




 

 

2016年8月31日