好意がない女性にも奢るべき?女性と食事をした時の支払い、スッキリする考え方を紹介!

好意がない女性にも奢るべき?女性と食事をした時の支払い、スッキリする考え方を紹介!

好意がない女性にも奢るべき?女性と食事をした時の支払い、スッキリする考え方を紹介!

男性は好意がない女性にも奢るべき?『同僚女性と食事をした』『女性から誘われて食事をした』こんな時に、奢るべきかどうかと悩む男性も多いのではないでしょうか?一般的に、男が奢った方が格好良いとされますから、たとえ行為がない女でもそうするべきなのではと考える男性もいるはずです。一方で、『好きな訳じゃないしな…』という疑問もあるはず。そんな時の、スッキリする考え方をご紹介します!

 

好意がない女性とは

好意がない女性
好意がない女性とはどんな人の指すかですが、
これは、同僚や友達、それに『女性から誘われた場合』が該当します。

 

これらの女性は、現時点では行為がない女性のはず。
女性から食事に誘われても、
その時点では好きなわけではありませんから好意がない女性ですよね。

 

たとえ相手がデートのつもりでいても『承諾=好き』ではありませんから
『好意がない』に当て嵌まります。
その上で、好意がない女性にも奢るべきなのかを考えてみましょう。

 

1.奢ってもらった女性の心理

まずは奢ってもらった女性の心理です。
女性は奢ってもらうと『紳士的な男性』『特別扱いされている』
『今日はついてる』『私のことが好きなのかも』など、
状況によっていろいろ考えます。

 

共通していることは『どんな女性も奢ってもらえたのならば嬉しい』ということ。
男性の場合、『奢られることは見下されること』と捉えることもありますが、
女性はそうは考えません。

 

ですから奢ることに特別問題はないのですが、
一つ厄介なのが、『私のことが好きなのかも』と思われてしまうことです。

 

一般的に『この人は自分を好き』
と思うと心理的な壁がなくなりますから懐に入りやすくなります。

 

そのため失礼なことを言ってきたりわがままになったりと、こういうこともあります。
何よりも、勘違いされていることも納得がいかないでしょう。

 

このように、好意がない女性に奢るとデメリットもありますから、
そこは考えた方が良さそうです。


2.奢る男性の心理

一方で男性は、奢ることで格好つけられますし、
自分自身を高めることができるはずです。

 

『俺はこれだけすごい』と感じられたり、女の笑顔を見て勘違いするなど、
そういうことで自分を高める人は多いでしょう。

 

これは、好意がなくても奢るメリットともいえます。
例えば金持ち男性が美女を集めて奢りまくる、こんな世界もありますが、
これも自分を高めるため。

 

その美女たちのことが好きなわけではなく自分のために奢っているわけですね。

 

このように、自分のメリットのためと割り切るのならば好意がない
女性に奢ることも良いかもしれません。

 

どんな女性にも奢る、これができるのは一部の男性だけですから、
そんな存在になれたらそれだけで誇らしいでしょう。

 

3.男性が女性に奢る理由

では、根本的な問題として、男性が女性に奢る理由は何なのかですが、
これは手に入れたいからです。

 

男は、その女を手に入れたいからこそ食事を奢るのです。
またこの手に入れたいとは交際したい欲求ではありません。

 

むしろ体を求めての方が強いです。
ですから男性は、
好意がない女性に奢るかどうかの基準はこれにすると分かりやすくなります。

 

『その女性とやりたいか』『これからそのための行動をするか』
これが判断基準になるのでは?

 

現状は友達だし、
下心なんて出したらその後が大変になると思うのならば奢るべきではありませんし、
同僚だけど、上手くやればなんとかなると思えるのならば積極的に攻めてもいいでしょう。

 

このように、なぜ奢るのか?について十分に理解していれば迷わなくなります。
男は好意がない女性でも体の関係は持ちたいはず。
従って後は、『実際に行動に移すかどうか』これが分かれ目ということです。

 

好意がないなら奢る必要なし

最終的な結論としては、好意がない女性には奢らない方がいい、
これが一般的な回答だと判断できます。

 

『好意がなくても体への欲求はある』これが男と書きましたが、
実際のところ、そのくらいにしか感じていない女性に
『すぐに行動を起こす』ということは考え難いでしょう。

 

ですから、そうなった時には奢ればいいのであって、
まだ好意がなく、特別計画もない段階では奢る必要はないでしょう。

 

同僚や友達、女性から誘われた、この状況では基本的に割り勘にして、
自分から誘ってデートをする時になったら初めて奢ればいいのでは?
そのくらいにした方が自分が楽ですし、女友達もできて楽しくなります。

 

最後に

最後に、女性の年齢が自分よりも若い場合はどうするべきか?
例えば、10歳以上年下の女性と食事をする、こんな時にはどうしたらいいのか?
と迷う男性は多いはずです。

 

確かに年齢差があり過ぎると『割り勘もどんなものか…』と思いますよね。
この場合には、『奢りにして手を出す』がいいでしょう。

 

それだけ年下ならば、好意がなくても許容範囲内のはず。
ならば、初めから一線を越えることを目的に食事なりデートなりをするべきです。

 

年齢差がある男女の場合、単なる相談役になってしまうこともあります。
そうなると、ずっと奢り続ける関係になります。

 

自分の部下ならばそれでもいいでしょうが、
友達として知り合った女性でその関係は時間の無駄かもしれません。

 

ですから、年齢差があるのならば好意がなくても奢りにして、
その分積極的になった方がいいでしょう。

 

ま と め

好意がない女性にも奢るべき?これについては、
1.その気がないなら奢る必要はない
2.下心ありなら奢る
3.かなり年下ならば奢る
となります。

 

好意がない女性に奢るかどうか、これは男にとって賛否が分かれる問題ですよね。
重要なのは『その女性とどうなりたいか・どうなるべきか』にあります。

 

友達なのか?友達から後に発展させるのか?初めから体を求めるのか?
それぞれで展開を考えてみましょう。




 

 

2016年11月16日