アラフォー女性が婚活する上で心がけること!厳しい現実に立ち向かうための3つの法則

アラフォー女性が婚活する上で心がけること!厳しい現実に立ち向かうための3つの法則

アラフォー女性が婚活する上で心がけること!厳しい現実に立ち向かうための3つの法則

アラフォー女性が婚活する上で心がけること!『アラフォーになって婚活しているが全然上手くいかない』『条件が良い男性からは一切アプローチが来ない』といったように、婚活に苦労するアラフォー女性も多いでしょう。アラフォーでの婚活は正直厳しいところがあります。一方で、アラフォーでも婚活を成功させている人もいます。アラフォー女性が婚活する上では何が大切なのか?見てみましょう。

 

アラフォー女性が婚活する上で心がけること!

アラフォー女性婚活
『アラフォーになってから婚活をする』
『婚活を続けていたら、いつの間にかアラフォーになっていた』これもありますよね。

 

『まさか私が』と思うかもしれませんが、
現実として受け入れられた人こそが婚活では成功する傾向があるようです。

 

また、アラフォー女性で婚活に失敗している人のほとんどが、
その現実を受け入れていないということも。

 

婚活の目的は結婚ですから、
最終的に結婚できなければどんな努力も意味がありません。

 

それをちゃんと理解して、理想だけに捉われない女性はアラフォーでも成功しています。
そこもしっかり考えてみましょう。

 

1.実年齢よりも若く見えるように頑張る

アラフォー女性が婚活をするのなら、実年齢よりも若く見えるように頑張ること、
これはとても重要です。
アラフォーという世代は、努力の有無が最も顕著になります。

 

自分磨きを頑張っている女性はまだまだ美しい一方で、
それをしてこなかった女性は完全におばさんでしかないでしょう。

 

さすがに、おばさんと結婚したい男性はいませんから、
アラフォーで婚活をするのならば若く見えることや努力は必須です。

 

女性はどうしても、外見の美しさで評価されます。
ですから、どんなに忙しくても美容や体型管理に時間を割くようにしてみましょう。

 

それをしないと、定年後は寂しい老後になるかもしれません。
今が最後のチャンスと思って一念発起すること、
これがアラフォー女性の婚活には必須です。

 

2.取りあえず会ってみる

アラフォー女性がやりがちなこと、それが『慎重になり過ぎて発展しない』ということ。
例えば婚活サイトを利用すれば、たいていの場合男性からアプローチが来るでしょう。

 

男は、顔写真が掲載されていれば片っ端からあいさつを送ることもありますから、
アラフォーは不利とはいえ十分可能性があります。

 

しかしながら、肝心のアラフォー女性が慎重になり過ぎて、
『この人はここが問題』とか『この人はタイプじゃない』
と選んでしまうと婚活は当然難しくなります。

 

厳しいことを言えば、
自分の婚活市場価値は決して高くないことをアラフォー女性は理解しなければなりません。

 

従って、『慎重になり過ぎて選べない』なんてもったいないことです。
一定の条件は必要でしょうが、
取りあえずは会ってみて相性を確認しないと時間ばかりが過ぎますから、
とにかく行動しましょう。


3.婚活の条件を下げる

婚活の条件を下げること、
これが、アラフォー女性が婚活を成功させる上で最も重要なことです。

 

ほとんどのアラフォー女性が、自分の市場価値よりも高い条件設定をしています。
例えば『年収は800万円以上が良い』とか『外見はこれくらい』とか
『年下が良い』とか。

 

婚活をする以上好条件を求めることは分かりますが、
自分がアラフォーであることを忘れてはなりません。

 

決して高く評価される存在ではないのですから、
それを十分に理解して条件を下げましょう。

 

特に重要なのが、年収の条件を下げることです。
一般的に、高収入の男性は若くて美人な女性を求めます。

 

例えば、同じくアラフォーの高収入男性ならば、20歳代を求めることが一般的ですから、
それを理解していないと失敗します。

 

好条件に拘っている以上結婚はなく、寂しい老後に近づくことになりますから、
どこかで決断した方がいいでしょう。

 

ま と め

アラフォー女性が婚活する上で心がけることは、
1.実年齢よりも若く見えるように頑張る
2.取りあえず会ってみる
3.婚活の条件を下げる
となります。

 

アラフォー女性の婚活は決して楽ではありません。
最も厳しい部分は『自分との闘い』でしょう。

 

何よりも『自分の中での妥協が、婚活市場では妥当』
と判断されるのですから厳しい世界ではあります。

 

しかし、アラフォーという年齢ならば『これが妥当』と思えないと先はありません。
冷静に考えてみましょう。




 

 

2016年11月5日