付き合う前のデート、支払いはどうするべき?奢り?割り勘?女性心理と最もベストな支払いを解説  

付き合う前のデート、支払いはどうするべき?奢り?割り勘?女性心理と最もベストな支払いを解説

付き合う前のデート、支払いはどうするべき?奢り?割り勘?女性心理と最もベストな支払いを解説  

付き合う前のデートでの支払いはどうするべき?一般的な考え方と女性の意見をまとめてみました。付き合う前ならば、男性は格好良いところを見せたいですよね。一方で、全額奢ることが正しいのか?どこまで奢るものなのか?など疑問や不安もあるはずです。支払いがスマートだとモテること間違いなし!女性に気を使わせることもなくサラッと出せる男になればデートが楽しくなりますから、支払い上手になりましょう!

 

付き合うまでのデート『基本』

付き合う前のデート1
付き合うまでのデートでは基本があります。
この基本が身についていないと男は振られてしまう可能性が高いですから注意しましょう。

 

例えば『割り勘が当たり前』という思考の男性は改めた方がいいです。
交際してからならばそれでOKですが、
それ以前のデートで割り勘だと引く女性は多いです。

 

男性によっては納得がいかない人もいるでしょうが、
この段階では『手に入れたい側』ですから考えるようにしましょう。

 

1.食事代割り勘はあり得ない

基本的に、交際前のデートならば割り勘はNGです。
奢ることが基本になりますからそういうものだと思いましょう。

 

上述した通り、交際前は『男性は手に入れたい側』です。
極端に言えば『女に品定めされている』とこんな状況です。

 

ですから、その状態でデート代をケチるなんてことをしたら
急激に女性の気持ちは冷めてしまいます。
ただし、食事代だけでいいです。

 

全て奢りにする必要はありませんし、それをしたらむしろ興味を持たれません。
ここで重要なことは『奢ることは特別なんだ』と女性に思わせることです。

 

例えば、一日遊んで最後に食事をするのなら、その食事代だけです。
ですから、初めのうちは食事だけにして、女性が『遊びに出かけたい』
と言ってきたらドライブデートをするとか、
テーマパークに行くとかこんな風にしましょう。

 

初めからなんでも奢りにすると魅力がない男になってしまいますからそれは注意しつつ、
格好つけるところではちゃんと支払いができるとか、これが理想です。
付き合うまでのデートではそんなところが見られていますので考えてみましょう。

 

2.付き合うまでは何度でも奢り

食事代に関しては、付き合うまでは何度でも奢りが基本です。
その女性を手に入れたいと思うのならば、そのくらいは頑張った方がいいでしょう。

 

ですから、男性自身も『ここまで』と期間を設けることが大切です。
期間を設けるとは『ずるずると奢るだけの関係にならない』ということです。

 

女性によっては『デートすれば食事を奢ってくれる、だから会っている』
という人もいます。

 

こういう女性は、体の関係を持つ気はなく、
まして交際をする気なんて全くありません。

 

つまり、男性の好きという気持ちを利用しているのです。
女は、このように求められることがとても気持ちいいですし、
さらに罪悪感を持たない傾向にあります。

 

ですから、
ずっと支払い担当にならないためにも男は見切りをつけた方がいいわけです。

 

平均的には、3回デートして何もなければその後も何もないです。
3回目までに手を繋ぐことさえなかったら、その女性とは相性が合わないということ。

 

それに、女性自身もこちらに興味を持っていないことになりますから、
そんな時には支払い係にならないためにも身を引いた方がいいでしょう。


3.男も品定めするべき

女性とデートする時には『男も品定めする』とこの考え方を持つべきです。
付き合う前のデートは『女性にとっての品定め期間』としましたが、
これは男にとっても同じことです。

 

例えば気になる女性をデートに誘ったが、
イメージと違ったと感じたら2回目は誘いませんよね。

 

このように、関係性はあくまで対等なんです。
それに、男はデート代を支払うという仕事があります。
ですから、本来は男性こそその女性をしっかり審査するべきです。

 

特に男は、性欲が邪魔をして正しい判断ができないことも多いです。
そんな時には未来を想像してみましょう。

 

その女性と結婚をして家庭がある未来、
これをイメージして楽しいと感じられたら本気なのでしょう。

 

一方で、それが暗いものだったら本気ではありませんから、
そんな時には支払い係になる前に終わりにするべきです。
感情で判断せずに決断することが大切です。

 

支払いに対する女性心理

一方で、交際前のデートの支払い、これに対し女性はどんな考え方を持っているのか?
男性は、この女性心理も知っておいた方がいいです。

 

男と女は分かり合えない部分が多いですし、
結局は『自分の都合を異性に押し付けている』とこんな部分があります。

 

しかし、それを受け入れられた人がモテますから、
頑張ってみるのもありかもしれません。

 

1.初デートでの食事代奢りは最低条件

女性は、最低でも初デートは男性が奢るべきだと考えています。
そこで奢りじゃないと『真剣度が感じられない』と判断するのが女性です。

 

男性は『奢ることと真剣かどうかは無関係』と考えるでしょうが、
女性はそうは捉えません。

 

『好きならば私に金をかけるはず』と考えるのが女性なんです。
男性にはこの発想はないため分からない人も多いですが、
女はこういうものと割り切った方が簡単です。

 

ですから、
せめて初デートの支払いくらいはスマートに済ませた方がいいかもしれません。

 

例えば初デートが割り勘だったら、2回目を誘ってもまずOKはないでしょう。
初デートの支払いこそが次があるかどうかの分かれ道になりますから、
ここでケチったり、『俺は平等主義』とはならず、
女にとって格好良い男を演じることが得策です。

 

2.オール奢りは気が引ける

女性は『支払いは男にしてほしい』と考える傾向がありますが、
それでも、意外にもオール奢りだと気が引けてしまうのです。

 

先ほど、『全て奢りにする男は興味を持たれない』としましたが、
その理由は女性も遠慮するからです。

 

『支払いは男にしてほしい』この考えがある一方で、
好きな人には嫌われたくないとか、
あまりしてもらうと悪いという意識は持っています。

 

ですから、オール奢りだとさすがに不安になったりとか、
好きになりきれない、自分を出せないという女性も多いです。

 

はっきり言って、デート代のすべてを男性が支払ったら対等ではありませんよね。
女性には1円も払わせないような男だったら誰だって気を使います。

 

上司と一緒にいるような感覚になってしまいますから、
これではデートどころではないのです。

 

ですから、何でもかんでも奢るのはやめましょう。
むしろそれをして平気でいられる女や喜ぶ女だったら身を引くべきということです。
こんな判断基準も持っておきましょう。

 

3.女性もお返ししたいことが一般的

2の続きで、女性もお返ししたいと考えることが一般的です。
女性心理としてあるのが『一方的にしてもらうだけなのは悪い』
『でも、自分の方が多くもらいたい』ということです。

 

女性は対等よりも、少し自分がされたい願望があります。
特に経済面に関してはそれが顕著になりますから、
その結果『支払いに関してスマートな男か』ということが重視されます。

 

従って、付き合う前の段階でも、女性がお礼させてと言ってきたら、
素直に受け取るべきです。

 

ここで拒んでしまうと、性格が良い女性ほど負担になります。
『いつもしてもらっているのに私は何も返せていない』
とこれに捉われることになりますから、
お礼やお返しがしたいと言うのならばその時はちゃんと受け取りましょう。

 

最もベストな支払い

以上のことから、
付き合う前のデートにおける最もベストな支払いは以下2点になります。

 

1.食事代は男性が支払う

付き合う前ならば、食事代は男性が支払いましょう。
女性はそれをされることで『この人は私に真剣だ』と判断しますし、
自分が大切にされている気持ちになります。

 

ですから、交際前のデートならばこれは必ずするべきです。
それが2回目でも3回目でも絶対に守りましょう。

 

あまり予算がないのならば、『夜だけ会う』『お店を工夫する』などがいいはず。
いずれにせよ、ここは男が格好つける部分ですから大切です。

 

2.女性に気を遣わせない

もう一つ言えるのが、女性に気を遣わせないことです。
付き合う前のデートでも払う意思がある女性は多いです。

 

ですが、そこで気を遣わせないのが格好良い男です。
従って、会計を先に済ませることができればスマートになります。

 

例えばトイレに行った帰りに済ませる、女性が席を立った時に済ませるなど、
これができれば理想的です。

 

結局これができると、お金を払っているところを見せずに済みますし、
食事後すぐに店を出れますよね。

 

女性はこんな手際の良さに惹かれます。
レジで小銭をチャラチャラ出していたり、
女性に『私も出す』なんて言われたらかなり恥ずかしいですから、
それを避けるためにもできた方がいいテクニックです。

 

ま と め

『付き合う前は食事代を奢る』『会計はスマートに』まずはこれが基本です。
また、男性も女性を審査していることを忘れないべきですから、
しっかり脈を判断しましょう。

 

さらに女性は、『対等な関係よりも少しだけ優しくされたい』と感じていますから、
そこをくみ取れる男になりましょう。

 

交際に至るかどうかは紳士的な対応や気遣いが重要になります。
女性はそこに惹かれますから身に着けてみましょう。




 

 

2016年8月7日